Faセンサ 各社の主力製品 マコメ研究所本質安全構造タイプ2線式磁気近接スイッチ「SW-3950A」

磁気近接スイッチ・磁気技術応用の大手専門メーカーであるマコメ研究所は、本質安全防爆構造の2線式磁気近接スイッチ「SW―3950A」を発売している。近年、プラントのみならず防爆対策を講じる製造業が増える中で、磁気近接スイッチの本質安全構造タイプは少なく、同社製品の受注が増えている。攪拌機械の回転検出などにも採用され、高い評価を得ている。

本質安全防爆構造(iaIICT6)の2線式磁気近接スイッチSW―3950Aは、水・粉塵・鉄粉などでの誤動作がなく、しかも保護構造IP67に適合しており悪環境下での使用が可能。

コード長500メートルで防爆認定されており、離れた非危険場所にセフティバリアを設置することもできる。

検出距離は50ミリ以上が可能で、検出物体である磁石の磁力、形状によって検出距離を調整できるのも特徴。応答速度は1ミリ秒以下と高速。耐振動、耐衝撃にも優れた性能を発揮する。

同社の磁気近接スイッチは独自開発の「可飽和コイル」を用いて磁力をとらえ出力する製品。リードスイッチと比べ機械的寿命がなく高感度。

(http://www.macome.co.jp)

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る