竹中センサーグループ 神戸で総合見本市 最新ソリューションを紹介

竹中電子工業、竹中エンジニアリング、竹中システム機器などの竹中センサーグループ(京都市山科区東野五条通外環西入83―1、TEL075―592―2222、竹中慎一会長)は、「2012年度竹中センサーグループ総合見本市」を、神戸ポートピアホテルで1月27、28の両日開催し、約3000人が来場した=写真。

竹中センサーグループが総力を挙げ、先進技術によるセンサ、セキュリティ機器、情報機器、各種制御機器、画像機器など、話題の商品や新商品を一堂に展示した。

各種産業用/工業用センサ・検知器のほか、通信機器、本質安全防爆機器、警報器・報知器、映像機器、出入管理機器、自動ドア制御システム、レーザプロジェクター、画像処理用レーザ照明、レーザサイドポインター、レーザオートマーキングシステムなどが出展された。

毎回、好評を得ている「TAKEXソリューションセミナー2012」も併催され、新しい静止検知センサによるソリューション提案では、新位相差ディスタンスセンサを利用した駐車場システムやFA分野への応用、セキュリティ機器では、新型バスネットシステムを使用したソリューションと導入メリット、さらに高速・高解像度ラインスキャンカメラによる最新のソリューションなどが紹介された。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG