三菱、インドでのFA事業強化 メサンクグループを買収 15年度売上高150億円達成へ弾み

2012年2月1日

三菱電機は、インド市場でのFAシステム事業強化の一環として、インドのシーケンサ・表示器メーカーのメサンググループを買収した。今後、三菱エレクトリック・インド社へ統合し、今年4月から新体制での営業を開始する。これによって販売力とソリューション提案力のさらなる強化が図れ、2015年度にインドでの売上高150億円達成へ弾みをつける。 メサンググループは、81年の設立で、従業員約400人、売上高は約36億円。95年からは三菱電機のFA機器販売代理店としても契約している。本社はインド・プネにあり、販売拠点を国内に10カ所、製造拠点1カ所を構えている。10年にはシステムエンジニアリングの会社も設立している…