わが社の’12経営戦略 高付加価値商品を提供 河村電器産業

昨年、東北地方の方々におかれましては、東日本大震災・福島原発事故と大変な年となり、お見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

当社としては、電気設備メーカーとして、電気の安定供給に寄与することの重大さを再認識させられた年となった。

さて、電力業界を取り巻く状況としては、エネルギー使用環境が大きく変化している。

電力量の使用制限、使用の平準化などの課題や、再生エネルギー法案の成立とともに、新たな発電システムとしての太陽光発電をはじめ、ガス発電、水力発電などが着目されており、メガ規模から一般家庭まで自然エネルギーの活用が課題になっている。

その中で、当社は省エネ支援製品として「eモニターシリーズ」を販売し、幅広くご利用いただいている。

エネルギーの可視化とエネルギーマネジメントシステムは、重要度がますます増しており、今後も引き続き新たな製品開発に積極的に取り組み、発売をしていく方針である。

さらに、新エネルギー対応製品として、太陽光発電システム関連製品のより一層の充実化と、自然エネルギーとの連係製品やエネルギーを効果的に利用する次世代配電システムに対応する製品などの展開も進めていきたい。

当社としては、電気設備総合メーカーとして盤関連製品のみならず、「省エネ」、「環境」、「安全」をキーワードとし、市場の要求と時代の要望に応えるべく、付加価値の高い商品をお客様へ提供していくことが、業界の景気回復に役立つことであり、当社の務めであると思っている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG