消費電力60%消滅 産業用コンピュータデジタルが受注生産 ニーズに合わせ性能最適化

デジタル(大阪市住之江区南港東8―2―52、TEL06―6613―1101、安村義彦社長)は、消費電力を従来品比最大約60%削減した、受注生産方式による産業用コンピュータ「PS4000シリーズ」を発売した。参考標準価格パネルタイプ19型63万6000円から、同15型35万4000円から、ビルトインタイプ30万8000円から。 同シリーズは、液晶、半導体、電池、LEDなど基幹産業製品の生産現場用として、さらにオイルやガス、水処理、化学工場など産業プラントでの信頼性・メンテナンス性のニーズに応えるため開発された。

19型および15型パネルタイプとビルトインタイプ2種類を用意。受注生産方式を採り、拡張スロットの数やOS、CPU、記憶媒体の種類など、顧客のニーズに性能を最適に組み合わせて対応する。

省エネ化を図り、ディスクレスや記憶媒体のカートリッジ化により安定稼働を実現。さらにギガビットイーサネットやPCI Expressなど最新インターフェイス、最新OSのWindows7に対応する。

15型パネルタイプのEmbedded専用モデルは、消費電力を約60%削減(同社15型従来品比)するほか、カートリッジ方式の記憶媒体や、取り換え可能なファンキットなど、メンテナンス時の交換の手間を削減する。

なお、CE、UL/cUL、KC、C―Tick、GOST―Rなどの海外規格にも対応する予定で、船舶規格(GL)も近日中に取得する予定。

最近の産業用コンピュータは、専用の組み込みOSであるEmbedded搭載により、ディスクレス、ファンレス化を実現。耐久性が高く現場向け専用タイプとして伸長しており、国内市場は400億円規模に拡大している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG