中国に産業用ロボ生産子会社を設立 安川が13年に量産開始

安川電機は、中国江蘇省常州市に産業用ロボット生産子会社「安川電機(中国)機器人有限公司(申請中)」を設立する。量産開始は、2013年3月の予定で、15年度に年産6000台、従業員数約200人を見込んでいる。資本金は約18億円。敷地面積は1期分が5万平方メートルで、2期分も同面積を予定している。

同社は現在、北九州市(八幡西事業所)のロボット工場で生産を行っているが、中国をはじめとしたアジア新興国でのロボット需要拡大に対応するため、今回、新たな生産拠点の増設を行うこととにしたもので、市場からの要請やサプライチェーン、国内外のリスク対応の面などから、中国に立地した。

なお、日本を含めた先進国向けのロボットや、これから新たに市場開拓を進めている高速ハンドリングロボット、サービスロボット(バイオメディカル分野向けロボットなど)などは、今後も日本での生産を継続。

また、マザー工場として製品・生産技術・ロボット利用技術の研究・開発など、メーカーとしての基本部分も、引き続き日本国内で行っていく。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る