400社・団体が383小間に出展テクニカルショウヨコハマ2012 2月1~3日パシフィコ横浜で開催「未来につながる新たな技術」をテーマに

2011年12月21日

神奈川県下最大の工業技術・製品総合見本市「テクニカルショウヨコハマ2012(第33回工業技術見本市)」(主催=神奈川産業振興センター、横浜市工業会連合会、神奈川県、横浜市)が、2月1日から3日までの3日間、パシフィコ横浜(展示ホールC、Dの1万平方メートル)で開かれる。 今回のテーマは「未来につながる新たな技術」で、出展者数は400社・団体(昨年383社・団体)383小間(同376小間)と昨年を上回る規模。開場時間は午前10時から午後5時。入場は無料。 同展は、各業界の枠を超えた情報発信、収集、交流を広範囲に展開して、技術・製品の販路拡大、ビジネスチャンスの創出、地域産業経済の振興と発展を図る…