力作ぞろいの入賞作品決まる音羽電機の雷写真コンテスト

雷害対策機器メーカーの音羽電機工業は、毎年雷写真コンテストを主催(後援=冨士フイルム)している。「雷が写った写真」をテーマに、雷の実態を知ってもらうことを目的に開催されており、今年で9回目を迎えるが、このほど審査結果が発表された。

今回も海外を含む各地から多数の応募があり、厳正な審査を行った結果、グランプリには愛知県伊藤憲男さんの題名「稲妻炸裂」=写真=、金賞には宮崎県北ノ薗順一さんの「Anger
of
the
earth」、銀賞には岐阜県蜘手康介さんの「雷神・怒りの鉄槌」、銅賞には大阪府政近遼さんの「Paris」と、長野県関一也さんの「雲上の落雷」、そのほか佳作に10人が選ばれた。

また、応募作品の中で学術的に貴重な作品に対して贈られる学術賞には、東京都・鈴木将さんの「キルヒホッフの法則」と、奈良県・西川勝己さんの「巨人の下半身」が選ばれた。

審査委員は、東京大学生産技術研究所石井勝教授、電力中央研究所横山茂研究顧問、産学連携推進機構妹尾堅一郎理事長、プロダクトデザイナー喜多俊之氏、音羽電機工業吉田修社長の5人。

グランプリを受賞した伊藤憲男さんは「長年雷の撮影を続けている岐阜県恵那市で激しい降雨と雷の中、東屋の中で撮影していた。受賞した写真は、雨がほとんど止んだので東屋から出て撮影を始めた直後、凄まじい閃光と雷鳴に思わずしゃがみ込み撮った1枚です。今でもグランプリ受賞が夢のようで実感が湧いてきません」とコメントしている。

審査員の石井勝教授は、「学術賞の『キルヒホッフの法則』は、雲の下を横に伸びた放電路から、ほぼ垂直に負極性落雷が分かれて落ちたもので、このパターンは正極性落雷ばかりと思っていたので驚いた。『巨人の下半身』は、1本の負極性落雷放電路の下部が3つに分かれているのが珍しい」とコメントしている。

同社吉田社長は「たくさんのご応募をいただき感謝している。今回は、例年になく火山爆発と雷(火山雷)の写真が多いのが特色だった。応募する方々の年齢層が広範囲に広がっており、主催者としてコンテストの認知度が高まったものと喜んでいる。毎年感じることだが、自然のエネルギーの強大さと迫力に圧倒される」とコメントしている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG