データセンターの節電へ高電圧直流給電システム導入に加速

東日本大震災を教訓にデータセンターの利用拡大や新設が増えているが、新たに消費電力の削減が課題になっている。その省エネ推進に高電圧直流給電システムが最近注目され導入普及速度を速めている。

大震災でデータのバックアップの必要性が見直され、また、クラウドコンピューティングサービス開始という背景もありデータセンターの利用会社が増加している。

データセンター事業会社は慢性的な電力不足であったが、今夏の節電要請で、一層の省エネ対策が重要な課題になってきた。

データセンターは、商用電源を交流で受電した後、非常用発電装置電流切換開閉器を経て、無停電電源装置でAC/DC/AC変換し、サーバ・ルータなどIT機器でAC/DC変換している。電流変換がAC給電で3回、DC給電で1回行われているため、エネルギーの損失が大きかった。

高電圧直流給電システムは、AC/DC変換を1回にとどめIT機器に直接直流を供給する仕組みである。NTTデータでは消費電力を最大20%削減できた。

また、直流48Vに比べ、給電ケーブルを細くでき給電効率の改善も可能としている。

IT機器メーカーも高電圧直流給電システムに対応するDC380VサーバなどIT機器の開発に取り組んでおり、今後、データセンター内は本格的な直流の時代が到来する。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG