山武低価格で高信頼地震緊急停止システムを販売開始

山武は、プラントなどの地震対策に対応した緊急停止システムの販売を開始した。販売価格は300万円からで、初年度年間20システム。次年度同40システムの販売を予定。

新システムは、地震動による被害を推定するインテリジェント地震センサ「SES60」と、安全規格対応の三重化コントローラ「Triconex
GPTM」を組み合わせ、低価格で高信頼な地震緊急停止システムを実現した。

このシステムは、震度や加速度値だけでなく、建物の被害度との相関が強いSI(スペクトラム・インテンシティ)値をTriconex
GPに取り込み、三重化による多数決処理を行うことにより、誤作動が極めて少ない確実な自動停止処理を実現することができる。

また、Triconex
GPによりシステム全体の自動診断を行い、システムの信頼性を保つ。地震発生時の安全確保や設備装置の保護のため、プラントをいかに速やかかつ安全に停止させ、復旧させることができるかが課題となっており、従来からの運転員判断による手動でのプラント停止操作は、緊急時の停止判断が難しく、また大規模地震発生時にはプラント停止に失敗するリスクもあり、自動的にプラントを停止する仕組みが求められている。

1台の地震計で全プラントを停止させることはリスクがあるため、センサを各所に多数配置してプラントの運転状態や危険度、地盤状態からの被害発生度に応じた停止判断が必要で、かつ誤作動によるプラント停止を回避するために確実な自動停止をしなければならないなど、低コストで信頼性の高い地震計や自動停止装置が必要とされている。

同社ではこのシステムで、プラントユーザーのBCP(事業継続計画)に必要な地震対策強化を支援していく。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG