「CC-LinkIE」でセミナーCLPA

「CC―Link
IE」でセミナー

CLPA

CC―Link協会(CLPA)は、イーサネットベースの統合ネットワーク「CC―Link
IE」にモーション機能を追加し、11月から仕様書をリリースしたが、この機能を説明するセミナーを東京・有明のTFTビル東館で18日開催した=写真。システムコントロールフェアと連動して企画され約100人が参加した。

関口隆CLPA会長のあいさつの後、同協会の中村直美事務局長からCLPA10年の歩みと今後の展望が報告され、「今年10月末で会員数1571社、対応製品数1100を超えた」と述べ、「今後、“Gateway
to
China"のスローガンで中国での普及活動に力を入れる」との方向性が示された。

その後、楠和浩CLPAテクニカル部会長からリリースされた「CC―Link
IE
Fieldのモーション仕様とCSP+オープン化」と題し、技術講演と質疑応答が行われた。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG