11新生電機テクニカルフェアー主要各社の出展製品 日本開閉器工業産業用操作スイッチ操作用SWに有機ELを採用

日本開閉器工業は、産業用操作スイッチの総合メーカーとして、グローバルナンバーワンを目指した取り組みを強めている。今年4月からは3カ年の新中期経営計画「Quantum
Leap
Breakthrough」をスタートさせ、引き続き「世界一の産業用スイッチメーカー」を目指して、北米市場におけるシェアアップを中心とした「競争力強化」と「体質強化」を基本姿勢に、グローバルディストリビューターを活用しながら展開している。

「新生電機テクニカルフェアー」は、同社の誇るトグル、ロッカ、押しボタン、照光式スイッチ、多機能押しボタン、キーロック、ロータリー、スライド、タクティルなどの幅広い製品群を展示する。特に、業界に先駆けて操作用スイッチに有機ELを採用した多機能押しボタンスイッチ&表示モジュール「有機ELディスプレイ
カラーIS」は、ハイカラー(16〓カラー〓6万5536色)により、リアリティのある美しい映像表示が、コンパクトな画面に再現でき好評を得ている。
(http://www.nikkai.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG