11月10~11日岡山ドームで開催制御・電子機器から節電・省エネ機器まで63社が幅広く展示 11新生電機テクニカルフェアー 新製品・新技術に接する絶好の機会フェアーを通じ地域社会に貢献

同社は、岡山市の本社を中心に中・四国、九州北部を営業範囲として、支店・営業所など10カ所の営業拠点を構え、ユーザーなどに対し、地域密着の取り組みで業績を拡大、同地区で高い評価を得ている西日本有数の制御機器商社である。

中国・四国、九州北部という広大な営業範囲を背景に、約1200社に上る顧客を有しており、ライン制御部品、機械制御パーツなどの部品販売から計装システム、制御設計、各種メンテナンスなど一貫したテクニカルサポートを実践しており、広範囲なニーズに迅速かつ的確に対応、顧客や仕入先から高い信頼と評価を得ている。

特に、ユーザーニーズの把握と製品供給への迅速な対応に向け、社員一人一人がキメ細かな対応を行っている。新しいニーズの収集・分析を進め、その結果を各メーカーにフィードバックし、一方でメーカーの新製品や情報、ノウハウを迅速・的確にユーザーに提供、顧客のソリューション解決に尽力している。

中でも営業企画室は、営業とメーカーをつなぐセクションとして機能している。

同社では、SEをサービスエンジニア、セールスエンジニアとしてとらえ、最新の情報を収集分析し、営業サイドやユーザーの質問・相談に応じている。

また、工業システム課では、各種プラント設備の設計から施工、管理、試運転調整まで、幅広いニーズに対応できる計装制御技術を提供している。
今回で12回目の恒例行事

同社が主催する「2011新生電機テクニカルフェアー」は、今回で12回目の開催となり、恒例となっている。会場の岡山ドームは、JR北長瀬駅前で交通の便も良く、前回は約1500人が来場し盛況裏に終了した。

主な出展内容は、各種のFA制御機器や電子部品、電源機器などで、特に今回は、3月に東日本大震災や福島原発事故などが起こったことから、節電や省・新エネルギーにつながる各種のFA制御機器や電子部品のほか、安全対策機器や節電・省エネ対策機器、蓄電池関連など、注目される機器・システムが多数出展される。

具体的な出展品目では、PLC、プログラマブル表示器、各種センサ、画像処理装置、FAコンピュータ、各種測定・計測装置、操作用スイッチ、端子台、コネクタ、省配線機器、ネットワーク機器、配線資材、カウンタ、エンコーダ、インバータ、キャビネット・ラック、各種モータ、安全対策機器、加工工具などで、各メーカーが誇る最新の製品・技術が出展される。

また、恒例の「おたのしみ抽選会」も実施される。
顧客と信頼関係を築く

同社瓦谷社長は「当社の顧客層は大手から中小まで幅広い層・分野に及んでいる。各顧客の要望に応えるようにキメ細かな営業とアフターフォローを実践しており、深い信頼関係を築いている。おかげさまで今年創立50周年を迎えることができた。今後もこうしたフェアーなどを通じ、地域の発展に貢献していきたい」とフェアー開催に向けての抱負を語っている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG