混沌時代の販売情報力 初頭効果の影響大きい

できる販売員は、ここで気に入ってもらうための自己主張はせず、引く時には引きながら相手は本当はどんな人なのかを見聞きしていく。もっとも、一度会ったくらいで、相手の性質が分かるわけではない。それでも、相手は本当はどんな人なのかを常時、見聞きする気持ちを優先していれば、おおよその見当がつく。

販売員が担当している顧客のA氏に対しても、最初に持ってしまった印象は初頭効果として残っているものだ。いつも事務的なやりとりに終始している間柄ではいつまで経ってもA氏に対して持っている印象を払拭することはできないが、ある時にこんな人だったのかと印象が変わる時がある。それは販売員が自信をもって新商品をアピールした時にA氏が反対や反論した時である。

反対すると、今まで表面に表れてこなかった性格がよく見える。反対で分かる性格は、その(1)は、すんなり販売員のいいなりになりたくない性格である。販売員の言動に対してやや非難めいた言葉やからかいの言葉を発するが最終的に受け入れる。その(2)は、買う気持ちがないのに買わないといえない性格であり提案や商品を分析して、あれこれ評論する。特に他メーカーや自分が知ってることを引き合いに出し、自分は何でも知っていることを匂わせる評論家タイプ。その(3)は、実際に本心から思って反対する生真面目な性格。評論家に似ているようだが、誠心誠意反対しても、誤解が解けたり、疑問が解消すれば受け入れる。その(4)は、反対の言い訳を考えているタイプであり、意外と優柔不断の性格に多い。
(次回は11月30日掲載)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG