JSIA配電制御システム検査技能試験全国8会場で実施226人受験

15日の土曜日、全国8会場で一斉に配電制御システム検査技能試験が実施された。今年は、226人が「検査技士」の称号を目指して受験した。1級・2級の合格者発表は12月。

配電制御システム検査技能試験は、日本配電制御システム工業会(JSIA、盛田豊一会長)が1995年10月から行っており、今年で16回目となる。

配電盤類の検査技術者の知識、技能水準を審査証明し、技術者の職業能力の向上と社会的、経済的地位の向上に役立てることを目的に検査技士資格制度を創設した。試験は、技能審査特別委員会(委員長=中野弘伸職業能力開発総合大学校教授)のもとで公平に行われる。資格は1級と2級があり、各級とも学科と実技試験の点数で合格者を決める。

近年は、配電盤類の発注に当たり、配電制御システム検査技士の有無が評価基準の目安になっているほど、「検査技士資格」が重視されている。

そのため、配電制御システム各社は資格取得を社員に奨励している。

東京会場で2級を受験した技術者は「出荷検査は最終工程なので、非常に重要な作業で仕事のし甲斐がある。会社や先輩が勧めてくれたので、挑戦した」という。

なお、昨年は1級が47人、2級が75人合格している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG