電磁接触器など伊口ヴァート社製品宏業電気が販売開始

宏業電気(仙台市若林区卸町東2―8―24、〓022―782―0550、庄子智穂社長)は、イタリア・ロヴァート・エレクトリック社の電磁接触器(コンタクタ)/サーマルリレー、各種操作用スイッチの販売を開始した。

ロヴァート社は、1922年創業と89年の社歴を誇る。モータ保護回路ブレーカー、電磁接触器、押しボタンスイッチ、リミット・スイッチ、ソフト・スターター、フットスイッチ、カムスイッチ、リレー、タイマー、プログラマブル・ロジック・リレー、スイッチング電源、デジタル・マルチメーター、力率調整器などで1万種類以上の製品を品ぞろえしており、イタリアをはじめ、8社の海外現地法人と82社の販売代理店を経由して、世界100カ国以上で販売している。

日本では装置などに付いて輸入されているが、まだ扱っている会社がないことから、同社が今年から販売を開始した。

まず、電磁接触器/サーマルリレー、取り付け穴径が22ミリの押しボタンスイッチ、セレクタスイッチ、ジョイスティック、きのこ形非常停止スイッチ、表示灯などから販売を開始し順次、扱い製品を広げていく方針。

ロヴァート社製品は、国際標準に対応した自社設計による高信頼の品質と、自社工場での自動化生産による高い競争力、グローバルなサービスサポート体制などが大きな特徴。

同社では、産業用機械装置、ポンプ施設、灌漑施設、エレベーター、電力力率改善、太陽光発電施設、配電装置などの用途へ販売を展開していくとともに、国内商社への取り扱い依頼も進めていく。

なお、同社は11月16日から開催の「システムコントロールフェア(SCF)」に出展し、ロヴァート社はじめ、チェンブレン社の工具などを展示し、アピールする。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG