スワロー電機成形ボビンを採用中型単相/三相トランスレヤーレス巻き実現 放熱効果向上大幅に小型・軽量化

スワロー電機(大阪市東住吉区桑津2―6―32、〓06―6719―8100、河原実社長)は、中型単相/三相トランスで、独自開発の成形ボビンを採用した新型トランスを発売した。

成形ボビンを採用することで、層間紙を入れなくても完全整列巻線が可能となり、コイルのレヤー紙巻からレヤーレス巻きを実現した。

これにより、導体熱が直接伝わり放熱効果が向上するとともに、大幅な小型・軽量化にもつながる。

さらに、コイルの上下面の線輪間を完全に覆う形状で、ホコリやごみ、湿気などからコイルを守り絶縁不良などの事故を防げる。

三相トランスのレヤーレス化は業界初で、同社ではUEW、PEW(丸線)を使用する製品では、特殊品を除きボビン化した。

単相トランスは5kVA、三相トランスは15kVAまで成形ボビン化する。

同社は、ねじアップ式トランス用端子台、同端子台を備えたトランスで昨年特許を取得しており、同社のトランスの高機能性があらためて実証されている。

同端子台の採用で、保護カバーやねじの取り外しや差し込みの必要がなく、作業時間は従来の約5分の1に短縮できる。

また、LED表示付きトランスも発売しており、通電時にLEDが点灯し通電状態を通知することで好評を得ている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG