Check !!

FDTユーザーセミナー全国3ヵ所で開催

FDT
Group日本支部では「FDTユーザーセミナー2011」を、札幌、北九州、東京の3カ所で開催する。5回目となる今回のテーマは「設定・エンジニアリング環境のグローバルスタンダード」。FDT技術は、09年にIEC62453、今年はISA103
ANSIとしてそれぞれ承認を得、国際的に認知されてきている。

今年のセミナーでは、各種バスプロトコルを用いたマルチベンダーデモシステムだけではなく、デバイス導入やバルブ診断などを行い、マルチベンダーネットワークシステムにおける機器のコンフィグレーション、高度診断、メンテナンスなど設備ライフサイクルにわたる統合管理システムを構築可能とするFDTの技術を実感してもらう。

FDTは欧米やアジアではすでに多くの実績があり、各種設定および設備立ち上げ・保守のエンジニアリング手段としてグローバルに使われており、日本の製造業でも今後急速な普及が期待されている。

開催日時、場所は次の通り。開催時間はいずれも午前10時~午後4時。

【札幌】10月21日=札幌コンベンションセンター(札幌市白石区東札幌6条1―1―1)。定員80人

【北九州】10月28日=北九州市立商工貿易会館シティプラザ(北九州市小倉北区古船場町1―35)。定員80人

【東京】11月2日=中野サンプラザ(東京都中野区中野4―1―1)。定員100人

なお、参加費は無料だが、事前登録制。

参加申し込みは(http://fdt‐seminar.jp)まで。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG