山武の「リークディテクター」累計出荷千台突破

山武は、工場の配管などからのエア漏れを音で検知する「リークディテクター」が、累計出荷1000台を突破した。

リークディテクターはパラボラ形状で、超音波を検知する診断ツール。パラボラの内側にある超音波センサーにより、配管からのエア漏れに伴って発生する超音波を検知し、パラボラの指向性とレーザーポインタにより、超音波の発生場所を特定し、強さをヘッドホンからの擬似音と数値、LEDで知らせる。

2001年に販売を開始したが、エア漏れ個所を修繕することによってエア使用量の削減に繋がり、コンプレッサなどの電力削減ならびにCO〓削減にも貢献している。誰にでも簡単に扱え、省エネ活動の最初の導入ステップの最適なツールとして、省エネ活動の強化や、これまで見逃されがちだった製造ラインで使用されている圧縮エアにまでコスト削減の意識が広がり、販売開始以来10年間で1000台の出荷を達成した。

同社ではこれを記念して、リークディテクターを利用した同社専門員によるエア漏れ診断サービスと組み合わせた特別キャンペーンを3日から開始している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG