富士電機機器制御DC750V/1000Vを遮断接点間アーク電圧を強化直流回路用ブレーカ追加

富士電機機器制御(東京都中央区日本橋大伝馬町5―7、〓03―5847―8060、伊藤文夫社長)は、「G―TWINシリーズ」として、高電圧・大電流の直流回路用ブレーカに定格使用電圧DC750Vと1000Vタイプ=写真=を追加発売した。価格は20万7800円~102万8000円。2012年度5000台の販売を予定している。

G―TWINシリーズは、電流を遮断する際の接点間アーク電圧を高めることなどによって、従来技術では難しいとされていた高電圧・大電流の直流遮断を実現している。

特に、太陽光発電などの新エネルギー関連や、直流配電による高効率大規模データセンターなどの直流配電システム用途が増加しており、回路保護用ブレーカの需要が拡大している。

同社では従来DC600Vまでをそろえていたが、今回3極品でDCDC750V、4極品1000Vまで拡充した。

いずれも、内部付属品、外部付属品ともG―TWINシリーズと共通仕様で、外形サイズも400~800Aフレームまで高さ、奥行きがともに同一となっている。

国内外規格は、JIS、IEC(CEマーキング)のほか、ULも取得検討中としている。

なお、ノンオートスイッチ(負荷開閉器)もラインアアップしている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG