分岐点

新興国は購買力が旺盛な中間所得層の拡大により経済成長するのに対し、先進国は低所得層が増え中間層の減少で停滞する。経済成長できない最大の原因は所得の二極化である。その結果、既存のモノの市場が縮小を辿り、製造業は国内市場に関して高付加価値戦略に舵を切っている。

その取り組みは、大手企業と中小企業で手段が異なってきている。大手企業は製品の複合化と標準化に的を絞り開発を進める。FA分野でも演算と表示・通信機能を兼備するなど2、3の機能領域を複合した新価値製品を汎用市場に投入している。

中小企業も小規模市場に特化したり、特定顧客向けカスタマイズに近い製品開発を展開しつつある。顧客に応じて性能を変え、しかも機械と人間の共同作業に依らなければ造れない製品を幾つもの小規模市場や特定顧客に販売することで付加価値を向上させる。

流通業界も大手商社は、大手企業の購買窓口の集中化に合わせ量販の優位性を出し、中小商社は地元企業に密着しカスタム品提供で成長を共有し始めている。こうした市場構造の変わり目は、メーカー、商社が「プラスα」で独自性を打ち出す原動力になる。「α」のヒントは当然のことながら顧客が持っている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG