計測自動制御学会津波、原発事故を技術的に検証タスクフォースを設け提言

計測自動制御学会(SICE、石川正俊会長)は理事会の下に、今年3月に発生した東日本大震災に学ぶための検討タスクフォースを新たに創設。今後2年間かけて計測、制御、システムの視点から総括し、未来への提言をまとめる。

SICEは今年創立50周年を迎えたが、その年にこのような大震災が発生したことを真摯に受け止め、学会として体系的な検討を加えていくことにした。

今回の大震災では、津波や原発事故などで内在していた技術的な問題点が顕然化し、今後のシステム設計に大きな課題を残した。

「コスト論、責任論などいろいろな意見があるが、残念ながら他の学会やマスメディアも含めて、この問題を体系的に取り組んでいるところがない」(石川会長)。

タスクフォースでは、「人間・自然と共生する社会システムの設計と実現」をテーマに、謙虚に現実を見つめ、設計条件や設計基準が確固たるものではないことを再認識し、様々な見地から安全・安心な社会構築に対し、SICEがカバーする分野において、いま為すべきことは何か、どのような技術が求められているのかを、広く探索しながら創造的にまとめようとしている。

1年目は課題の抽出と新学術領域の創成、新産業分野創出に向けや枠組みの設定を、2年目はこれに基づいた詳細なロードマップ作成を計画しており、2012年秋に中間報告、13年秋に最終報告をまとめる。メンバーは10人から20人で、主査には東京大学の原辰次教授が就任予定。

石川会長は「産学の団体であるSICEとして、視点の違う部分を強調しながら、拙速に結論を出さずにじっくりと腰を落ち着け、目先の『もの』を中心とした活動とは違う方法論の根本的な見直しを試みる」と語っている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG