堅調拡大の防爆関連機器市場 設備の老朽化進展で急がれる安全対策 国内外で活溌化するプラントの新設とリニューアル化 IECの「国際防爆指針」へ整合化グローバル市場への対応進展

2011年9月21日

防爆関連機器を必要とする危険個所は、石油製品生産工場、石油精製プラント、トンネル掘削工事現場、原油基地、LNG基地、塗装工場、火力発電所、石油・天然ガスなどの備蓄・貯蔵場所などがあり、これらのところでは可燃性ガス・引火性液体などを使用することから、爆発の要因となりやすい電気機械器具は法律で定められた防爆構造の機器を使用することが義務付けられている。 昨今、これらの危険施設は老朽化しているものも多く、しかも管理・保守する熟練担当者も定年などにより、年々減少している。同時にコスト低減の一環として、これらの管理・保守をアウトソーシングする会社も増加、設備の現状を社員がはっきり把握していないことも多い…