共同使用制限スキーム企業の節電対策をサポートオムロン「デマンド監視サービス」発売

オムロンは、ASP提供型デマンド監視サービスの新標準機能として、複数拠点のデマンド計測値を合算し監視する機能(デマンド合算機能)を持つ「デマンド監視サービス」を、共同使用制限スキームに取り組む企業に向け、販売を開始した。オープン価格。

現在、深刻な電力需給ギャップが緊急の社会的課題となっており、政府は一律15%削減という需要抑制目標を掲げ、大口・小口需要家、家庭の部門ごとに対策を講じることを求めている。経済産業省では、契約電力500kW以上の大口需要家の対策として、電気事業法第27条に基づく使用制限を発令し、電力使用制限の実施を決定した。

一方、同省では電力削減の取り組みとして、複数事業所総体が使用最大電力を抑制する「共同使用制限スキーム」を認めている。同スキームに取り組む企業は、タイムリーな現状把握と対策実施が必須条件となる。従来のデマンド監視機能では、拠点単位でしか計測できず、煩雑なデータ集計や検討作業を短期間で行いつつ、使用電力の制限値を超えないよう舵取りを行う必要があった。

同社のデマンド監視サービスは、ASP型サービスの強みである遠隔地にある複数拠点のデータを1カ所に集約する仕組みを活かし、すでに提供しているデマンド監視サービスの新たな標準機能となるもの。

中心となるデマンド合算機能は、同スキームに取り組む企業が、複数拠点の使用電力を同時に把握しながら、節電対策をスピーディに検討できるようにする。同社のデマンド監視サービスは無線タイプで、有線タイプより比較的短期で導入でき、喫緊の課題へ迅速に対応する。

デマンド合算機能は、複数拠点(最大250拠点まで)の使用電力状況を30分単位で表示、節電対策が検討できる。また、デマンド合算した数値に対し、目標数値を2段階で設定しグラフ表示する機能により、より確実な目標達成をサポートする2段階の目標設定機能を持つ。

複数拠点のデマンド合算値、事業所ごとのピーク数値、ボトム数値をカラーで強調表示。事業所ごとの電力使用傾向の把握をサポートする。さらに、CSV出力機能によりエクセルなどの表計算ソフトに計測データを取り込み、より詳細な分析に利用できる。

また、省令で定めるレポート出力機能(予定)搭載により、煩雑な作業の軽減をサポートする。

同サービスにより、対象エリアの複数拠点のエネルギー使用状況を合算し見える化することで、15%削減に向けた管理・対策を行うことができるほか、デマンド計測データを参照することで、各拠点の電力ピークを把握し、稼働時間を変更するなどのピークシフト対策を立案することができる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG