Faセンサ主要各社の重点製品 ジックロータリーエンコーダ「DFS60/AFS60/AFM60」分解能の設定が自在で高精度

2011年9月14日

ジックは、各種FA用センサをはじめ、安全対策機器、自動認識機器などをそろえている。このうち、ロータリーエンコーダでは、分解能の設定が自在な高精度・高分解能の「DFS60/AFS60/AFM60」を発売している。 機種はインクリメンタル(DFS60)/アブソリュートシングルターン(AFS60)/アブソリュートマルチターン(AFM60)の3タイプがあり、分解能設定が1刻みで自由自在にでき、ユーザーが自分でパソコンにUSB接続プログラミングツールを用いて簡単にできるのが大きな特徴(プログラマブルタイプの場合)。また、非常に高精度な測定ステップ偏差(Jitter)で、最高6万5536の高分解能を実現。…