テュフズードジャパン「FA業界向け機能安全2日間セミナー」開催9月29・30日機能安全規格を説明

テュフズードジャパン(東京都新宿区西新宿4―33―4、TEL03―3372―3497)は、「FA業界向け機能安全2日間セミナー」を、9月29、30日に、同社本社(住友不動産西新宿ビル4号館8階)で開催する。

受講対象はFA業界のみならず、これから機能安全規格に携わる人や、社内的に機能安全規格対応を検討しているメーカーなど。

製造現場では、たとえ外的要因や内部部品の故障でマシンが本来の信頼性を失ったときでも、常に安全側に機能が作用し、危険が最小限になるような設計が重要となる。

IEC61508は、プロセス産業における電気・電子・プログラマブル電子の機能安全に関する国際規格として機能安全の根幹を成し、鉄道、自動車、医療機器、そしてオートメーション業界など様々な分野に反映されている。

セミナーでは、29日に機能安全の根幹であるIEC61508の概要紹介として、規格要求事項、機能安全認証・評価プロセス及び関連する重要文書類について基礎からわかりやすく解説し、30日はIEC61508規格を参照しながら、FA業界向けの機能安全規格IEC/EN62061のコンセプト、ISO/EN
ISO13849―1に従ったパフォーマンスレベル(PL)との関係などFA業界における機能安全規格の全体像を体系的に説明し、理解を深める。

講師は同社のヴォルフガング・フェルテンフィリップ氏と、同社鉄道グループ機能安全部エンジニア井上浩司氏。時間は午前10時~午後4時(30日は4時30分)。受講料は4万円(税込み)。参加申し込みは同社webサイト(http://
www.tuv‐sud.jp/infoservice/1109_op_rail_62061.html)まで。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG