国内制御機器需要低調ながらも濃淡地域・業種で動向に格差東北復活、設備向け堅調

2011年8月31日

国内制御機器需要は総じて6月から需要が落ち込み、7月には売り上げが前年を下回る企業が出ているものの、一方で2桁の伸びで推移している企業もあり、市場は地域、業種により濃淡の展開が続いている。 日本電気制御機器工業会の出荷統計によると、国内の推移は5月が287億7000万円で前年比108・8%、6月が366億8000万円で同114・0%と堅調であったが、7月に入り326億3000万円、同98・9%と前年を下回った。7月も品目で見ると、電源、接続機器、ソレノイドなどの制御用専用機器、PLC・プログラマブル表示器などのFAシステム機器は前年を上回って推移している。制御機器統計以外ではモータ、変圧器、電…