因幡電機産業自社製品拡販・環境ビジネス推進13年度連結売上高1900億円目指す

2011年8月31日

因幡電機産業は、自社製品の開発・拡販、環境ビジネスの推進、コスト削減の3施策を推進し、2013年度を最終年度とする中期3カ年計画の目標である連結売上高1900億円、連結営業利益88億円を目指す。 同社は、「省エネルギー、省資源など地球環境に配慮し、豊かで快適な社会づくりに貢献する」を基本理念に、経営環境の変化や計画の進捗状況に応じ、毎年度向こう3カ年の数値目標を更新するローリング方式の中期経営計画を策定している。 今年度策定した中期計画は、今年度から13年度における計画で、最終年度となる14年3月期に連結売上高1900億円、連結営業利益88億円を目指すもの。具体的に同社グループが進める中期計画…