拡大基調続く照光式スイッチ市場 工作機械や半導体製造装置、食品機械など産業機械向けで安定需要 グローバル競争の激化でメーカー再編の動きも 短胴・薄型化が大きく進展光源の高輝度・多様化も顕著

2011年8月10日

照光式スイッチを含めた操作用スイッチ市場は、各分野での旺盛な需要に支えられ増加基調を持続している。特に照光式スイッチは、工作機械や半導体製造装置、食品機械など各種産業機械向け用途を中心に伸びが安定している。製品的には薄型化、光源の高輝度化・多様化などが進んでいる。ただ、グローバル競争の激化や、他の機器との置き換えなど取り巻く環境は変化し始めており、スイッチメーカーの再編などスイッチ市場は新たな段階に入りつつあるとも言えそうだ。 操作用スイッチと表示灯を一体化することで、一つのスイッチで操作と状態の表示を兼用できる照光式スイッチは、スペース性と視認性に優れ、使い勝手も良いことなどからスイッチ全体…