星和電機電圧駆動可能な無極性モノリシック型LED発売

2011年8月10日

星和電機(増山晃章社長)は、電圧駆動が可能で無極性タイプのインジケータ用途に最適な「モノリシック型LED」=写真=を開発、サンプル出荷を開始した。オープン価格で、初年度販売目標は1億個。 モノリシック(Monolithic)とは、半導体基板に不純物を入れたり、基板上に新たな結晶を作ることで、基板の物理性能を変え電子回路を構成するもの。 半導体基板の物理性能を変えてトランジスタ、ダイオード、抵抗、およびキャパシタを1枚の基板内に作り込み、その表面を薄い絶縁膜で覆い、さらにその上に金属膜で配線し、端子を取り付けて電子回路を構成する。 新製品は、同社が自社で製造する素子(ベアチップ)に、発光素子と抵…