水制御市場工作機械分野へ拡大か水圧利用し駆動制御電気制御業界も影響必至 水機器提携で伸長も可能

2011年7月27日

世界の水ビジネスの市場規模は運営・管理まで含めると2025年には約100兆円に拡大すると予測されているが、水処理や再生といった分野だけでなく、工作機械やロボットなどの動力源としての活用も有力視されてきた。機械や装置の駆動に「電気」「空気」「油圧」が使用されているが、近い将来「水」が加わる。それぞれ棲み分けは可能と見られるものの重複領域も出てくることから、電気駆動・制御機器各社の対応の仕方次第では影響も受ける。それだけに、提携なども視野に入れた対策を講じる必要がありそう。 水ビジネスの市場は、中長期的に拡大が見込まれている。産業競争力懇談会によると、2025年の素材供給市場が約1兆円、エンジニア…