コンテック動作温度0~50℃に対応液晶ディスプレイを発売

コンテック(漆崎栄二郎社長)は、FA向けにLEDバックライトを採用した液晶ディスプレイによる15インチ卓上タイプのフラットパネルディスプレイ「型式FPD―H64XT―AC」=写真=を発売した。本体価格は9万8000円。

新製品は、アナログ抵抗膜方式のタッチパネルを搭載した15インチのFPD。動作温度は0℃から50℃に対応する。汎用のアナログRGB、またはDVI―Dのデュアル入力に対応する。LEDバックライト液晶パネルを搭載。従来の蛍光管バックライト液晶パネルと比較すると、電力効率が高く消費電力が抑えられる。有害物質である水銀を含有していない。

高輝度タイプのパネルを採用。周囲が明るい環境でも高い視認性を維持する。

埃が入りにくい構造で様々な環境での使用が可能。本体には通気孔がなく塵などが侵入しにくい。

動作温度は0℃から50℃に対応、動作湿度は20~90%RHで、広範囲な動作温度/湿度に対応する。

また、コンパクトな筐体にステレオスピーカー(0・5Wプラス0・5W)を内蔵している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG