雷害対策機器主要各社の重点製品 フエニックス・コンタクトサージ保護機器「FLASHTRAB Compact」コンパクトでクラスⅠ/Ⅱ対応

フエニックス・コンタクトのサージ保護機器(SPD)として、「TRABTECH」は、電源用、計測制御回路用、情報技術及びテレコミュニケーション用、高周波システム用を各種そろえている。

JISC5381―1(IEC61643―1、EN61643―11)をはじめとした各種国際規格に適合した電源用クラスI、クラスIISPD製品群、FLASHTRABシリーズ、VALVETRABシリーズは世界の各市場で高い導入実績を誇る。また、スパークギャップに放電促進回路を付加して応答速度を大幅に改善し、酸化金属バリスタ式クラスIISPDと隣接を可能にしたクラスISPDも、1998年に業界に先駆けて市場に投入。さらに06年発売のコンパクトなクラスI・クラスII複合型SPD「FLASHTRAB
Compact(FLT―CP)シリーズ」は電源用サージ保護のベストセラー製品となっている。

11年発売の新製品「雷電流モニタリングシステムLM―S」は、接地用ケーブルに取り付けるセンサーを用いて最大250kAまでの雷電流のピーク値、di/dt、電荷量、エネルギー量を記録し、イーサネット経由で監視を行うことが可能。(http://www.phoenixcontact.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG