業界最高レベルの高分解能 アバゴ・テクノロジーアブソとインクリの両機能兼備磁気式エンコーダーIC発売

アバゴ・テクノロジー(東京都目黒区青葉台4―7―7、TEL03―6407―2704、米山周社長)は、業界最高レベルの高分解能を誇る磁気式エンコーダーIC「AEAT―6600―T16」=写真=を発売した。価格は960個(チューブ10本)購入時で1個6・5ドル。

新ICは、一体型ホール素子アレーとアナログフロントエンド及び、デジタル信号処理を単一デバイスに組み込んだシステム・オン・チップ。ロータリーエンコーダーとして、パルス数をカウントして相対位置を算出し原点信号の付いたインクリメンタルと、絶対位置を直接出力できるアブソリュートの両機能に対応しており、インクリメンタルでは1回転あたり最大1024パルス、アブソリュートでは同最大16ビットの分解能を有する。

しかも、ユーザー側でエンコーダーの分解能設定や入出力インタフェース選択、ゼロ点位置合わせ、原点位置合わせなどができるプログラミング機能とツールがあり実装後に簡単にカスタマイズすることが可能。

また、モーション用途では独自の磁気技術により、大きな軸方向磁気ギャップと半径方向変位を確保して容易な取り付けを実現し、非接触動作で優れた再現性と高耐久性が可能となっている。

さらに、電源は3・3V及び5Vに対応し、動作温度範囲もマイナス40℃~プラス125℃と非常に広い、形状も薄型・小型サーフェスマウントパッケージであるなどの特徴を持つ。

主な応用例として接点式ポテンショメータの寿命、再現性、温度特性などの課題を、非接触式の特性により完全に解決できる。ロボット、モータのフィードバック、バルブ制御、医療機器などの用途に最適。

なお、20日から開催のテクノフロンティア展に出展・展示する。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG