Check !!

スナオ電気出勤時間以外は節電自販機・OA機器用節電タイマーの拡販展開

タイマー・タイムスイッチの専門メーカーであるスナオ電気(浜松市東区下石田町1495、TEL053―421―2281、和泉三雄社長)は、自動販売機やOA機器で、必要な時間だけ運転するのに便利なコンセント付き節電タイマーの拡販に取り組み出した。

今夏、日本全土で電力供給不足による“節電"を強いられている。自動車業界が木・金曜日の生産を中止し、生産稼働日を土・日曜日に振り替えているのを始め、他の業界でも出勤時間を繰り上げるなどさまざまな節電対策を講じている。

出勤時間や休日の変更などと同時に、照明や空調、自動販売機、OA機器の電力消費量の削減にも取り組んでいる。

そのため、同社のコンセント付き節電タイマー「SCT―502」の販売が好調である。室内自動販売機、給茶機、コピー機などの電気料金を大幅に節約できることから、福島原発事故以来、工場や事務所などで売れている。

同社の製品は、会社や部署の仕事に合わせて曜日と時間を設定し電源コンセントに差し込むだけで取り付けられる。また、停電時は時計とメモリバックアップ機能(累積5年間)が付いている。この特徴が、製品を選定する際の決め手になっている。

同社では「企業や自治体、病院などは自動販売機やOA機器の節電に目を向けている。例えば、土曜日から翌週の水曜日まで稼働し木曜、金曜を停止にしたり、時間を朝7時30分から午後4時まで稼働させるなど、時間と曜日の設定により30%以上の節電効果がある」という。

使用電気機器に対する節電意欲が企業で高まっていることから、同社は今夏以降もタイマー需要が続くと見て、全国の取扱店へのPRや通信販売を強化する。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG