台・CAEC社日本事務所を開設二次電池で市場を開拓

正極材、組み電池で世界最大の生産量を誇る台湾・CAEC社(長園科技実業)がこのほど、CAEC日本事務所(東京都新宿区愛住町19―13、エフエイオープン内、TEL03―5360―6101、洪崇富代表)を開設、鉄系リチウム二次電池のサンプルを提供しながら日本市場の開拓を本格的に開始した。

CAECが開発、特許を保有する鉄系リチウム二次電池は、酸化鉄を原料としており、従来のオリビン鉄系リチウム電池と比較しても価格的に安いのが大きな特徴。また分子構造が安定しており、鉛二次電池の置き換え用として環境性に優れ、安全性も高く、量産時には鉛電池と同等の価格での提供が可能となっている。

既に中国では電気自動車用に、台湾では大半のゴルフカート用に搭載されているほか、日本でも東日本首都道路公団の工事用車両に標識照明機材の給電装置として大量に使用されている。今後は産業分野へ進出を図っていく計画で、特に太陽光発電用蓄電池、電気自動車、フォークリフト、無停電装置用電池向けへ拡販を図る。OEM/ODMの供給も可能。

20日から開催の「テクノフロンティア展」でもチャンホン・エナジー・テクノロジーブースで展示する。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG