ロータリエンコーダー主要各社の重点製品 ピーアンドエフ「RVS58Sシリーズ」最高レベルの安全規格に対応

ピーアンドエフは、セーフティロータリーエンコーダRVS58Sシリーズの販売を開始している。

従来のシステムでは複雑な構成であった安全回転数のモニタを、1個のロータリーエンコーダで実現することが可能になる。

機械安全用の回転数モニタフィードバックシステムを構築するのに使用でき、単体で冗長化されており世界最高レベルの安全規格に対応している。

安全規格は(1)IEC61508の機能安全SIL3に適合(2)TUV認証取得(3)セーフドライブのモニタフィードバックとしてIEC61800―5―2に適合(4)IEC13849―1パフォーマンス
レベルPLe適合(5)EN954―1セーフティカテゴリ4に適合している。

また、SIN/COS出力が選べ、断線検出機能を装備している。

保護構造はIP65。

堅牢仕様となっており、軸許容力ラジアル60N、スラスト40N重工業機械にも導入可能。

主な用途は、工作機械、プレス、包装機械、印刷機械、木材加工機、金属加工機、コンベア、マテリアルハンドリング、鉄鋼、自動車生産設備などモーターフィードバックが必要な機械。
(http://www.pepperl‐fuchs.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG