オーム電機消費電力を61%削減屋外盤用電子クーラ発売

オーム電機(浜松市北区細江町中川7000―21、TEL053―522―5555、戸塚しづ子社長)はこのほど、冷却能力210Wタイプで消費電力150Wの高効率屋外盤用電子クーラ「ボックスクール」=写真=を発売した。従来品比で61%もの大幅な消費電力削減を実現しており、節電時代の盤用クーラとして注目されそう。

高効率屋外盤用電子クーラ「ボックスクール」は、冷却能力100W、暖房能力約50W、消費電力74WタイプのOCE―100BEC―AW、冷却能力210W、暖房能力約100W、消費電力150WタイプのOCE―200BEC―AWの2機種。

新製品は盤外ファンと盤内ファンの間にペルチェモジュールを採用し、空気の流れを効果的に利用する独自の設計により低消費電力で冷却効果を高めることに成功した。冷却の必要がないときには盤内ファンを停止させる省エネモード設定が可能で、節電を推進する。

また、冷暖房自動切り替えで冬場の低温時は自動的に暖房となる。アラーム機能も充実しており、安心度が高い。

このほか(1)ノンフロンで低騒音・低振動(2)フィルタレスのためフィルタの交換が不要、ファンモータ交換もドライバーで簡単にできる(3)防錆性に優れ、体積も業界最小の小型設計で省スペース化を実現(4)省ドレン設計などの特徴を持っている。定格電圧はAC100V~240V対応。屋外のサーバラックなど情報通信機器、小型キャビネットなどの冷却に最適である。

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る