上海事務所開設明治電機工業

2011年7月13日

【名古屋】明治電機工業(安井善宏社長)は、中国・上海地区に進出している日系製造業に対して、きめ細かいサービスを提供するため、中国の関連会社、明治進和(天津)機電工程有限公司(天津市)の上海事務所を開設した。 明治進和(天津)機電工程有限公司(天津市)は、明治電機工業と進和(東京都板橋区)の合弁会社で、製造設備関連事業、生産補助設備関連事業、サポート事業などを行っている。 既に天津市、広州市に事務所があるが、中国華東地区には、同社の主要取引先の電気機器、機械関連メーカーなど日系製造業が数多く進出しているため、中国第三の拠点として上海に事務所を設置することにした。従業員は、当初2人でスタートする。