JSIA東京支部配電盤野球大会東芝産業機器が優勝B級は友伸エンジニアリング

21チームが参加した日本配電制御システム工業会東京支部の第57回配電盤野球大会は2日、A級・B級決勝が行われ、A級では東芝産業機器システムが5対1で電巧社に勝ち優勝旗を手にした。敗者復活のB級は、友伸エンジニアリングが栃木屋を12対10で破り優勝した。

A級決勝戦は、昨年準優勝の東芝産業機器システムと、一昨年やはり準優勝の電巧社という強豪同士の戦い。東芝産業機器システムは1回戦4対0、2回戦7対0、準決勝4対0と決勝まで完封で勝ち上がってきた。一方の電巧社も1回戦14対0、2回戦4対3、3回戦7対0、準決勝3対0のスコアで勝ち決勝へ。

2日午後1時開始の決勝は、同僚や家族の声援を受けながら白熱した試合を展開。スコアは5対1であるが、実力は伯仲しており、観客も暑さを忘れるほど見応えのある試合内容であった。

東芝産業機器システムは3年振り3度目のA級優勝。

B級決勝は、昨年A級優勝の友伸エンジニアリングと、一昨年B級優勝の栃木屋が対戦した。友伸エンジニアリングは初戦引き分けて敗者復活に回ったが、実力あるチームだけに10対5、15対2のダブルスコアで決勝に進んだ。栃木屋も初戦で東芝産業機器システムに敗れたが、復活戦では7対0、7対1で勝ち上がった。

決勝は両チームとも自慢の打撃戦となったが、友伸エンジニアリングが制した。

閉会式では、水谷恵一大会委員長(JSIA東京支部長)から優勝旗、優勝杯が授与された。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG