電設工業展「製品コンクール」入賞13製品が決定 2011電設工業展製品コンクール受賞紹介 河村電器産業「接触部過熱検知機能付ブレーカ」異常電位検知で接触部過熱を検出「経済産業大臣賞」受賞

河村電器産業の「接触部過熱検知機能付ブレーカ」は、2011電設工業展製品コンクールで「経済産業大臣賞」を受賞した。同社の製品はコンクールで6回連続の受賞となった。

東京消防庁の調査によると、電気火災の原因は、放火を除くと最も多いのが「電気設備機器」という。さらに電気設備機器による火災を見ると、「接触部過熱」が一番の要因で、コード短絡やトラッキングよりも多い。

そこで、同社では「経年劣化によるねじの緩み」や「ねじの締め付け不良」など『ねじの緩みから発生する電気火災』を未然に防止できる新技術を生かして今回のブレーカを開発した。

新技術では、従来、検出が難しかった接触部の過熱現象をアーク放電の発生メカニズムから解明している。圧着端子、電源座間の接触応力が減少し、急激な変化が起きた時の異常電位を検知することで、接触部過熱が検出可能となった。

また、従来の端子構造では、ねじが緩むと圧着端子と電源座間にねじを介することになり、正確な電位が検知できなかったが、新技術による端子構造では、電源座とねじを「絶縁ナット」で絶縁することで、ねじが介入せず、正確な検出が可能となった。ねじを通らないことで、異常発熱もない。

こうして、接触電圧が指定した電圧以上の時や、その電位が累積でどの程度の時間発生したかを判断してブレーカが作動する。
(http://www.kawamura.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG