世界最大級のものづくり専門展 「日本ものづくりワールド2011」 最先端技術やバーチャルリアリティ製品を展示 最新鋭技術が一堂に集結4展台合わせ1700社が出展 「メディカルテクノロジーEXPO-医療機器開発・製造技術展」医療機器を開発・製造するための部品、装置の専門展

「メディカルテクノロジーEXPO―医療機器開発・製造技術展」は、医療機器を開発・製造するための部品、装置などが一堂に集まる専門展。

医療産業は今後、アジアを中心に大きな成長が期待され、高い技術力を持つ日本にとって、有望な市場の一つと言える。今年1月には、内閣官房に「医療イノベーション推進室」が設置され、政府の新成長戦略の一環に医療産業が含まれている。

このような医療産業への注目が高まっている背景を受け、本展の出展社数は昨年の1・5倍の規模での開催となる。

医療機器メーカーの設計、開発部門や、製造・生産技術、購買・調達、品質管理部門のユーザーや経営者には必見の展示会だ。

今回から新たに「電子部品ゾーン」が設けられ、電子部品、コネクタ・ケーブル、電源・電池、センサ、半導体、EMC&ノイズ対策、組込み技術、画像処理技術などが出展される。そのほか、機械部品・加工技術、装置・機器部品、駆動部品、計測機器/試験機器/センサ、OEM/アウトソーシング、機械・工具、洗浄・バリ取り技術、クリーン・包装製品、ITソリューションなどが出展される。

メディカルテクノロジーEXPO専門セミナーも併催され、基調講演では医工連携の第一人者である、国立循環器病研究センター研究開発基盤センター長の妙中義之氏が、『医療機器開発・製品化の今後の展望』について講演する。そのほか、医療機器ビジネスのリスクマネジメント・薬事法などの最新動向や、医療機器分野に新規参入した企業の事例がわかる必聴のセミナーだ。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG