山武計装保全の大幅な効率化を実現ソフトと関連機器を発売

山武は、プラントの安全性と生産性を向上させるため、計装保全を飛躍的に効率化するデバイス・マネジメント・システム「InnovativeField
OrganizerTM」(イノベーティブフィールドオーガナイザー)ソフト(英語版)と、その関連商品としてHART通信対応I/Oモジュール「BU100」、フィールドバス対応コントローラ「DOFC」機能強化版、同社フィールド機器用DTMの販売を開始した。

2011年度20システム5億円、18年度100システム50億円の売り上げを見込んでいる。なお、日本語版は今年10月に発売する。

今回発売するソフトと関連製品により、プラントのスタートアップ前のループチェックをはじめとしたフィールド機器点検作業効率を1~2日程度に短縮できる。また、計器不調状況のリアルタイム通報による計器トラブルに起因する生産ロスの最小化や、フィールド機器状態の連続モニタリングと傾向監視による保全コストの適正化などにも繋がる。

さらに、FDT/DTM技術により、機器、通信プロトコルを問わず、サプライヤーの現場機器のデジタル通信、診断機能の有効活用ができ、機器の調整・設定作業用インタフェースの一元化が可能。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG