コンテック高効率で非設触の給電システムを発売

コンテック(漆崎栄二郎社長)は、電波法対象外で集電子(金属接点)なしに移動体などへ電力供給できる電源システムを製品化、「非接触給電システムHIDシリーズ」=写真=として発売を開始した。オープン価格。

非接触給電システムHIDシリーズは、マテリアルハンドリングシステムメーカーで、同社の親会社であるダイフクが1993年に実用化したもの。改良を繰り返しながらダイフク製システムとして多数採用され、すでに約7000システムの納入実績があり、特に半導体製造、食品、製薬現場に適した給電システムである。

電磁誘導の作用を応用した電磁誘導式の非接触給電システムで、自走する移動体などに集電子なしで高効率に電力伝達できるのが特徴。

集電子がないので、埃や汚れが付着し接触不良を起こしたり、漏電やショートが発生する心配がなく安心安全に使用できる。さらに、集電子による粉塵の発生や集電子自体の摩耗がなく、クリーンな環境を保つことができる。

半導体や製薬、食品関連などのクリーンルームや、異物混入が許されない現場、水中や水回りで漏電が懸念される現場などの電気設備への給電、移動体への給電などの用途に適している。

10kHz未満の周波数を使用しており、電波法による申請が不要。また、感熱線により異常を検出し、給電を安全に停止させる機能も持っている。

システム構成は、三相交流200Vから高周波交流を生成する「HPS電源盤(4種)」、誘導線から高周波交流を受け取る「PUPピックアップ(4種)」、PUPピックアップからの高周波交流を定電圧の直流に変換する「PSB受電ユニット(3種)」で、すべてオープン価格。

同社では現在、10kW以上の大容量タイプPUPピックアップ、1~4kW・10kWの小容量タイプHPS電源盤、小容量・中容量のPSB受電ユニットなどを開発中で、さらにラインアップを強化する方針である。なお、共振コンデンサの調整作業を必要とするが、調整作業は同社が有償で行う。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG