FA工場のクラウドサービス事業で協業 三菱電機とNEC日本とアジア地域で展開今後3年間で50社へ販売目指す

三菱電機とNECは、生産管理システム分野のクラウドサービス事業で協業する。

三菱のFA制御機器とNECのERPソフトを組み合わせたサービスの提案や共同マーケティングを日本とアジア地域で展開、今後3年間で同地域50社への販売を目指す。

三菱は、最先端の制御技術とネットワーク技術を駆使して、生産現場の見える化を実現する「e―F@ctory」をコンセプトに、シーケンサなどFA製品のトータルサプライヤーとして国内外で事業を展開している。

またNECは、世界の多数の製造業で導入されているERPパッケージソフト「IFS
Applications」を国内ベンダーとして唯一、クラウドサービス(SaaS型)で提供している。

今回、両社の強みを組み合わせ、製造現場のFA制御機器で収集した生産進捗・設備稼働・品質・エネルギー使用量等のデータをシーケンサ「MELSEC―Qシリーズ」の「MESインタフェースユニット」「MESインタフェースIT」を介して「IFS
Applications」に送り、「IFS
Applications」側でデータの蓄積・加工や他システムとの連携を行うクラウドサービスを共同で提案していく。

これによって、現場のリアルタイムな生産の進捗を把握及び品質情報の見える化を実現できる。

また問題の未然防止や問題が発生した際の迅速な対応ができ、設備の消費電力量を部門や工場をまたいだ形で「見える化」することで、環境負荷の低減といった価値を生み出すことも可能。

製造現場から経営層までの情報をシームレスに統合し、製品トレーサビリティをはじめとする生産管理情報を効率的に共有できる。

今後は、セミナー実施、プロモーションツールの作成、顧客開拓などのマーケティング活動を共同で行う。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG