JSIA東京支部配電盤野球大会開幕21チームが優勝旗目指す

晴天の4日早朝、「プレーボール」という主審のひときわ大きい声が球場に響く。企業カラーなど色とりどりのユニホームに身を包んだ21のチームが、配電盤野球の頂点を目指して競う日本配電制御システム工業会(JSIA)東京支部の「第57回配電盤野球大会」が都立大井ふ頭中央海浜公園スポーツの森野球場で開幕した。水谷恵一大会委員長(東京支部長)が「東京支部でも東日本大震災で被災したところもあるが、強い要望で開催した。例年より早い梅雨入りであるが、本日は晴天に恵まれた。大いに頑張って欲しい」と開会あいさつ。A級・B級の優勝旗返還、選手代表宣誓のあと球場4面を使って大会を開始。7月2日に決勝戦が行われる。参加チームは次の通り。

▽宇賀神電機▽内山電機工業▽永楽電気▽大崎電気システムズ▽勝亦電機製作所▽カナデン▽かわでん▽キムラ電機▽三興コントロール▽白川電機製作所▽須藤電機製作所▽タキゲン製造▽電巧社▽東芝産業機器システム▽栃木屋▽日本電機▽光商工▽広沢電機工業▽富士電機テクニカ▽明工産業▽友伸エンジニアリング。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG