極省スペースで高密度実装 東洋技研着脱も簡単で作業工数を大幅削減3.5ミリピッチコネクタ端子台に3種追加

接続機器大手の東洋技研(長野県岡谷市長地権現町4―8―7、TEL0266―27―2012、花岡孝社長)は、極省スペースを実現し好評の3・5ミリピッチスプリング式コネクタ端子台PCXシリーズ(40極、50極)に、新たに20極、26極、34極を追加発売した=写真。今回、製品陣容が充実したことから、配電制御システムなどの小型化ニーズに幅広く対応できる。

3・5ミリピッチスプリング式コネクタ端子台PCXシリーズは、MILコネクタ(全極)と富士通360形コネクタ(40極)を搭載し、コネクタと端子台1対1結線の標準品とPLC対応型(三菱電機、富士電機、オムロン、横河電機、日立産機、キーエンス)を用意している。昨年12月に発売したが、極省スペース設計、コンパクトで使い易く着脱も簡単とあって好評を得ている。

省スペース化では、同社のねじ式コネクタ端子台と比べ寸法は2分の1以上、小さくなった。

また、独自開発のロック機構により、製品をレールに取り付けるとバネで固定され、ロックボタンを押さない限りスライド移動ができない。そのため、固定金具が不要で作業工数を減らせる。この方式は業界製品で初めて。

端子台の結線ばね開閉用ボタンは「+」、「-」どちらのドライバーでもボタン操作ができ、電線挿入孔は棒圧着端子(フェルール)、撚り線、単線に対応し作業も簡単である。チェック端子にはφ2テストピンの挿入が可能である。

また、端子記名シール部は5極飛びに印字文字を反転(白抜き文字)することでコネクタナンバーを視覚的に認識し易くなっている。

なお、同社のインターフェイス用コネクタ端子台は、3・5ミリ、5ミリ、7ミリ、7・62ミリ、8ミリタイプの端子台ピッチが用意されている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG