横河電子機器少量洗浄水で大幅に節水プリント基板洗浄機を発売

横河電子機器(東京都渋谷区千駄ヶ谷5―23―13、TEL0463―84―8796、廣見公正社長)は、プリント基板の製造工程で基板に付着した薬液を、少量の洗浄水で洗い流すことができるプリント基板洗浄機「エコリンジェット」=写真=を7月1日から発売する。価格は400万円からで、初年度1億円、3年後10億円の売り上げを計画している。

新洗浄機は、独自開発のノズルを有するシャワー管と、新流水制御方式を実現する制御部を切換弁で構成し、流水をプリント基板に連続的に当てて表面とスルーホール内部を洗浄する。

また、現在使用中の洗浄槽に追加装備する方式のため、新規の洗浄工程ラインや、既存の生産ラインの洗浄工程にも適用できる。さらに、必要最小限の水で汚れを洗い流すため、大幅な節水を実現でき、排水量も最初の洗浄で汚れを排水するため、少なくて済む。

そのほか、大量の貯水の必要がない2槽式洗浄も可能で、省スペースに貢献。

同社は40年にわたってダイレクトクリーン方式の洗浄機で、食器洗浄機事業を行っている。ダイレクトクリーン方式は流水制御と給排水制御からなる洗浄のコアシーズで、このコアシーズを現在大量の洗浄水が使用されているプリント基板の生産ラインに適用すべく、3年前から開発を続けてきた。食器と比較するとプリント基板は平らでシンプルな形状をしているが、面積が広く、小口径の穴(スルーホール)があり洗浄しにくいという課題がある。同社では、この課題を解決するために新たな流水制御方式で、省洗浄水率85%を超える性能を実現した。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG