分岐点

会員が意気に感じる、粋な計らいである。日本配電制御システム工業会は9日、定時総会を青森市で開催する。大震災による2次3次被害も大きい。東北、関東の広域にわたって、放射能汚染の不安から観光客が激減している。東京はじめ各地で夏の勢いを感じさせる祭りの中止が相次いでいる。▼

同工業会の東北、東京両支部には被災した会員会社もいる。大震災後で本来なら逡巡する気持ちが起きても不思議ではないが、被災地を、会員を励ましたいとの思いが青森開催を実行させた。「がんばれ東北」を具体的な行動で示したわけだが、総会会場で盛田豊一会長が義援金を日本赤十字社と被災した会員会社に手渡す。▼

先日、仙台に住む友人と会った。彼は、電気技術士の資格を持っており、土日返上で発電機や電気設備の点検に走り回っている。60歳半ばを過ぎた身体は相当に疲れが溜まっているようだが、復旧に携わる「気」が勝っているのだろう、いたって陽気に振る舞っていた。復旧が完了するまで続ける覚悟である。▼

電気給配電設備業界は、被災地向けを最優先に取り組み、設備の部材・機器メーカーも供給を絶やさないよう過去にない緊張が続いている。人は窮地の環境で3年間は心棒を支えられるといわれるが、企業も同じである。被災地の製造業の一刻も早い立ち直りに、FA業界との購買交流を期待したい。売るだけでなく、買うことも被災地の復興に貢献できるのだから。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG