安川電機双腕ロボットが自動で開梱鹿島建設と共同で新世代システム開発

2011年5月25日

安川電機は鹿島建設と共同で、医薬品工場や食品工場での原料のダンボールや紙袋などの梱包を開封するロボットシステム「自動開梱システム」=写真=を開発した。 自動開梱システムでは、ダンボール及び紙袋で提供される原材料の開梱作業を自動で行い、あらかじめ原材料のデータを複数登録しておくことで、異なる外形の荷姿にも対応できる。 システム構成は、安川電機の双腕形ロボット「MOTOMAN―SDA20D(可搬重量〓片腕20キログラム)」を中心に、ロボットへの原材料の供給、開梱した原材料の搬送および剥離した外装の回収を行うコンベヤ群などで、ロボットは人間の腕にあたる「ロボットアーム」、人間の手にあたる「ハンド」、…